夜の営み時にパートナーを満足させる事ができない、という悩みを抱えている男性は少なくないようです。
特にED・早漏といった問題は男性としては自信喪失にも繋がります。
今では内服薬で解消できるようになったEDや早漏ですが、スーパーPフォースであれば1錠でどちらの悩みも解消する事が可能です。

スーパーPフォースに含まれる有効成分は1種類ではありません。
シルデナフィルとダポキセチンという2つの成分が有効成分として使われています。
今までEDを解消するためと早漏を解消するため、別々の医薬品を服用していた方も、スーパーPフォースに変更すれば1回に1度で両方の悩みが無くなるのでおすすめです。

EDを解消する効果のあるシルデナフィルは服用してから、約30分から1時間程度で自覚症状が現れ始めます。
ダポキセチンの効果が現れ始めるのは、服用後約1時間から3時間後です。
2つの有効成分の効き目が出る時間を考慮して、服用するタイミングを見極めるとより効果を実感しやすくなります。
性行為を行う約1時間前に服用しておけば、シルデナフィル・ダポキセチンの働きを感じられるでしょう。

スーパーPフォースは1日1回、1錠を服用する医薬品です。服用は水かぬるま湯をおすすめします。
性行為を行う約1時間前に服用するというタイミングがありますが、スーパーPフォースの場合は、空腹時に服用するというタイミングも守らなければいけません。
EDを解消する有効成分シルデナフィルは、食事に大きく影響を受ける成分です。
空腹時でなければ体に吸収されず、シルデナフィルは体外へと排出されてしまいます。
有効成分がしっかり吸収されないため、EDを解消する効果も低下してしまうようです。

このような事を考えてスーパーPフォースを服用するタイミングは空腹時がベストです。
また、スーパーPフォースを服用後、副作用が起こったというケースも報告されています。
顔のほてりや目の充血、頭痛といった症状が副作用として挙げられますが、このような症状はシルデナフィルの血管拡張作用によるものです。
下痢といった副作用も報告されており、こちらはダポキセチンにより起こります。

医薬品ですので副作用が全く起こらないという事はないものの、一般的にスーパーPフォースの持続時間である4時間から6時間を過ぎれば症状は回復すると言われています。
ED・早漏両方を解消できる医薬品は少ないので、どちらの悩みも抱えている男性はスーパーPフォースを試してみてはいかがでしょう。

スーパーPフォースに含まれる成分について

「スーパーPフォース」はEDと早漏、両方を解消できる画期的な治療薬です。
ジェネリック医薬品大国と言われる、インドの医薬品メーカーが製造しています。
これまでEDだけを解消できる治療薬、早漏のみに効く治療薬はありましたが、スーパーPフォースはこの両方の対策ができる事から多くの男性に支持されてる治療薬です。

ED・早漏どちらにも効果を発揮するのには、スーパーPフォースに含まれている有効成分に秘密が隠されています。
シルデナフィルという成分が100mg、ダポキセチンという成分が60mg含まれているのがスーパーPフォースの特徴です。
シルデナフィルは正常な勃起を抑制してしまう、ホスホジエステラーゼという酵素の働きを弱める効果があります。
ホスホジエステラーゼの働きが抑えられる事によって、男性器部分の血管が拡張し血行が促されて勃起を補助するというシステムです。

スーパーPフォースに含まれる、もう1つの有効成分ダポキセチンは自律神経に作用します。
セロトニンを増やす効果によって、射精のスイッチになる「交感神経」を優位にする、ノルアドレナリンを抑制するのがダポキセチンの特徴です。
シルデナフィルがED解消に、ダポキセチンが早漏解消に効果を発揮します。

シルデナフィルを体に取り入れるとEDを解消する効果は、約4時間から5時間程度続きます。
夜の営み時に活用しても、翌朝にはシルデナフィルの効果は消えているので安心です。
ダポキセチンは射精するまでの時間が3倍から4倍に伸びると言われています。
例えば、射精までの時間が約2分程度と短かった方がスーパーPフォースを服用すれば、6分から8分程度タイミングを伸ばす効果が期待できます。